いくらで買えるのかチェック

アフターピルはいくらなのか

「アフターピルが欲しい」
「保険は効くの?」
「あまり高いと払えない」

アフターピルは、保険が効きません。そのためクリニックや産婦人科によって、価格設定が違ってきます。しかしセックスする際には、いつ勢いで中出しセックスするのか分からないですよね。
また性的暴力をされて、無理矢理中に出されるケースもあります。そんな時にお金がないという事態は避けたいものです。
一刻も早く避妊効果を得るためには、72時間というタイムリミットもあります。しかしどのくらいの費用がかかるのか分からない状態では、病院へ行っても金銭面で不安を感じたまま受診することになります。
予期せぬ事態を避けるために備えておくためには、アフターピルがどのくらい費用がかかるのかチェックしておきましょう。

アフターピルの相場

アフターピルの価格は、保険が適用されないためどの医療機関でも自由に価格設定されています。
そのため相場としては5,000~20,000円。
しかし日本で処方されているノルレボは、ジェネリックも開発されています。そのため良心的なクリニックでは3,500円からノルレボのジェネリックを販売している場所もあるのです。
アフターピルが欲しい時は、焦らず自分の近くにある病院はどのくらいの価格設定をしているのかをチェックしてから受診しましょう。

保険適用されないのが基本です

アフターピルが欲しくて病院にかかりに来ている女性の中には、保険が適用されると思っている方が大半です。
特に初めて処方される方は、ピルは基本的に保険適用外という事実を知りません。
そのため診察が終わった後、会計で値段が高く感じている人も。避妊するかしないかは自己責任であり、コンドームや普段からピルを飲んでいればいくらでも予防できます。
そのため「中出しされたからアフターピルでどうにかする」という理由では、アフターピルは保険が適用されないのです。
さらに避妊だけでなく、病気とみなされていないものは基本的に保険は適用されないのです。

アフターピルの返金保証制度

アフターピルは、72時間以内に服用するのがベースです。しかしアフターピルは100%の効果を発揮するわけではなく、避妊の最終手段として使用されている方法。
そのため72時間以内に服用したにもかかわらず、妊娠してしまったという女性も少なからずいるのです。
そんな時には、処方を受けた病院へ行き「飲んだのに妊娠した」という報告をしてください。返金制度は医療機関で義務付けられているので、必ず返金されるはずです。