通販で買えるアイピルを知ってる?後悔しないための事後避妊法

  1. 通販で買えるアイピルを知ってる?後悔しないための事後避妊法   >  
  2. アイピルの避妊率90%以上?

アイピルの避妊率90%以上?

確率を考える

コンドームをつけていたけど精液がこぼれてしまった…
パートナーが膣内で射精してしまった…

妊娠を望んでいない時期にセックスするうえで、避妊を行う責任と妊娠のリスクは必ずついてまわるもの。
女性がどれだけ注意を払っていても、起こってほしくない結果に見舞われる可能性は否定できません。

避妊するためにはさまざまな方法がありますが、取り組みやすいのがコンドームの着用。そのため失敗や妊娠のリスクも高まってしまうのです。

しかし「ヤバい」というハプニングが起こったとしても、まだ手遅れではありません。
セックスのあとでもできる避妊法がアイピルの服用。
ホルモンバランスを急激に乱すことで、

・排卵を起こさせない
・子宮内膜をはがす

といった作用を発揮します。

もし膣内に精子が入り込んでいたとしても、排卵が起こらなければ受精することができません。
すでに排卵していて受精してしまったとしても、子宮内膜がなければ着床することができず妊娠が継続することはありません。

セックス中の避妊に失敗したとしても、アイピルを服用して受精と着床を防ぐことで妊娠を回避できるという仕組みです。

この高い避妊効果を得るためには、1時間でも早い服用がカギ。
アイピルによる避妊成功率は、

・性交〜24時間以内/約95%
・性交〜36時間以内/約84%
・性交〜72時間以内/約75%

さらに120時間(5日)以内であれば、60%ほどの避妊率があるとされています。

避妊できていなかった!と気づいたら諦めないことが大切。アイピルを服用すれば、高確率での避妊が可能なのです。