通販で買って常備しておくのが得策!

ピルを通販で買う

アフターピルを買うためには、病院やレディースクリニックへ通う必要があると紹介してきました。
実はアフターピルを買うための方法は、国内の医療機関だけでなく海外から直接輸入するという方法もあるのです。
クリニックのオンライン診察と似ている手法です。ネットでやりとりをして自宅にアフターピルが届くのを待つだけ。
しかし圧倒的に利便性が高いのは、海外通販です。処方箋も必要ないのでオンライン診察を受ける必要もありません。
そのため自宅にいながら、常備薬としてアフターピルを注文できちゃうんです。

国内以外からも買えるアフターピル

アフターピルを購入したいと思っても、セックスで避妊に失敗した時にしか処方してもらえないのがネックですよね。
しかし海外からアフターピルを輸入して、常備しておけばパートナーに無理矢理生でセックスされたとしてもわざわざ医療機関へ足を運ばなくてもいいのです。
そのため72時間という時間をプレッシャーに感じながら、病院での待ち時間を気にする必要もありません。

海外通販または個人輸入とも呼ばれているこの手法は、厚生労働省からもきちんと認可が下りている輸入法なのです。
難点をあげるとするならば、届くまでに最低でも2週間かかるので「今すぐ欲しい!」という状況には適していませんので注意してください。

買うかどうかは自己責任

海外通販でアフターピルのような医薬品を買う行為は、厚生労働省からも認可が下りています。しかし海外の製薬会社には偽薬を販売しているところも。
そのため国内のあらゆる医療機関が、リスクが大きすぎるため買わないように勧告をだしているのです。
そのためどのような薬があるのか、またどんな効果があるのかを完璧に調べたとしても偽薬だったら何も意味がありません。
買う際には、安全といわれている通販サイトで購入するのが無難です。
海外からアフターピルを購入する際には、慎重に検討してから購入していきましょう。