病院に行く時間がない…そんな時はオンライン診察が便利!

アフターピルを買う

日本でアフターピルを買うとなると、医療機関へかかる必要があります。
海外ではドラッグストアで一般医薬品として販売されていますが、日本では副作用の懸念からまだ市販するまでに至っていないのです。
そのためアフターピルを処方してもらうためには、産婦人科やレディースクリニックへかかる必要があります。
しかしネットが主流になっている現代では、今やクリニックでもオンライン診察を実地しているのです。
仕事や家庭の事情で「病院へ行く時間すら確保できない」という方には、オンライン診察をオススメします。

市販されていません

日本の薬局、ドラッグストアではアフターピルは販売されていません。そのため緊急だからといって、夜にドラッグストアへ行ったとしてもそもそも取り扱っていないので注意が必要です。
アフターピルを購入するためには、医療機関へかかりましょう。

医療機関がベース

アフターピルは、医療機関で専門医に診てもらい処方箋を出してもらうのがベースです。
産婦人科やクリニックで処方してもらえますが、場所によって価格や取り扱いの有無が違うためまずは電話で確認しておくのが得策。
しかし膣内射精をされてしまった後では、一気に不安が押し寄せてきて冷静ではいられない女性がほとんど。特にアフターピルの存在自体知らない人なら尚更です。
パニックなる前に、日本家族計画協会HPや思春期・FPホットラインといった電話の問い合わせ窓口で処方してくてる機関を検索・紹介してくれます。

医療機関の中には、休日や夜間も診察している場所もあります。しかしいちいち病院名を検索して探して回るのは、なかなか骨が折れますよね。
そんな時には上記で紹介した、問い合わせ窓口で確認をしてもらいましょう。

オンライン診察でアフターピルも買えるけど?

「アフターピル オンライン診察」で検索すると、かなりの数でオンライン診察を受けている医療機関がでてきます。
ネット販売が主流になっている現代では、アフターピルでさえもネット注文できる時代になっているのです。
もちろん医師による診察が必要なので、スマホ等を使って遠隔診察を行ないます。そのあとに薬局に処方箋が送付されて、その薬局でピルを買うことも可能なのです。
もちろん自宅に郵送も可能です。

オンライン診察は大変便利のように聞こえますが、「12時までの診察なら即日配達」とその日で貰うためには時間制限があります。
また離島に住んでいる人は、最低でも2日以上待つ可能性があるためあまりおすすめできません。